基本中の基本!印象が良くなる自己紹介法をマスターしよう

自己紹介は誰でも経験します

自己紹介は人生の中で何回もすることになるので、みなさんも思い出があると思います。学校や知らない人に合うときに、緊張しすぎて言葉が出なかったり、好印象を与えようとしてウケを狙い、滑ってしまってとても苦い経験をした方も多いと思います。果たして、印象が良くなる自己紹介とはどんなものがあるのでしょうか。

自己紹介をするときは、話す内容や声だけでなく、表情や動作も見られています。好印象を与えたければ、これらの事にも注意しなければなりません。

まず大切なのが笑顔です。笑顔で挨拶を心がけましょう。緊張して顔が引きつっている場合でも、無表情はいけません。口角をあげて、明るい表情をすることで悪い印象を受ける人はいなくなります。

自己紹介の時に注意すること

緊張すると無意識に口ごもったり、早く終わらせたいと思い、早口になったりします。話し方は意識してハキハキと明るくしゃべるようにしましょう。自分の名前や出身地など、特に大事なことを話す場面ではゆっくりと、文と文の合間に適度な間を置くことも大切です。

自己紹介をしているときは姿勢も見られていますので、きちんと背筋をピンと伸ばし、顔をあげて全体を見渡すように話してみましょう。全員の視線を感じると緊張してしまうので、一人一人と顔を合わせれば、間接的に一対一の状態を作ることができるので、緊張を和らげる効果もあります。

また、自己紹介をしているときに不自然な動作、髪の毛を触ったり、顔を触ったりすると、違和感を与えてしまう場合があります。手はきちんとおろして、体の前で重ねると落ち着きがあるように見せることが出来ます。

自己紹介は、特に印象に残るイベントなので、苦い経験をしないようにきちんと準備しましょう。