社員研修を無駄にしない!研修を仕事につなげる裏ワザ

社員研修は子育てに近い!

社員研修と言っても多種多様で、ちょっと昔には禅寺や自衛隊に体験入隊とかよく聞きました。その時代に入社した方々が、今の社会研修を取り仕切る世代でありますが、そんな時代も時間と共に人も変わり、昔の感覚で接してしまうと新入社員が社員研修中に辞めてしまうという話をよく聞きます。
その様なことにならないように、もう一度子育てをしてみる気持ちで取り組んではいかがでしょうか。少子化により子供の隅々まで親が手をかけています。例え大学を卒業していたとしても、家の中では自立していない人が多いのが現状だといえます。自立している人は稀だと考えていた方が、社員研修がスムーズに運ぶと思っていた方が良いと思います。起床から出社までの道程をきちんと問いかけるくらいの気持ちが大事になります。

個別の判断が必要となる

個人の能力によって優劣があるには当然のことです。ですが、変に新入社員同士で競争をあおったり、依怙贔屓などをすることは絶対にやってはいけません。まずは新入社員同士の連帯感を産む行動が必要になります。困ったことがあったら気軽に話す人ということは、ストレス軽減にもつながり、早期退社を防ぐ一番の最善策といえます。そのために研修のスケジュールを余裕を持たせて、空いた時間を設定し、無駄話をすると良いと思います。
また、事務的な詰め込み研修は、集団での社員研修で行われることが多く、個々の理解の差を生む要因となります。できるだけ担当を増やし、個別に対応しコミュニケーションをとる必要があります。システマチックな社員研修はもう通用しません。人財を生む研修を行ってください。