その他大勢に埋もれない為に!研修中でも出来るさりげない自己アピール

研修にしっかり向き合うことでのアピール

研修で大切なのはその研修を真剣に受けることです。外から見ても真剣さは伝わるので研修担当者に対するアピールになります。話を聞きながらメモを取り、後で自分が復習できるようにします。メモの内容は自分で理解できるようなものにし、文字も自分は読めるようにすべきです。研修は何かしらの形でテストされるので、真剣に受ければテストの評価を上げることにもつながります。
また質問の機会が設けられたら質問を積極的に行うべきです。真剣に受けていれば何点かは質問すべきポイントが見つかるので、他の人に先に質問されて自分が質問する内容がなくなることを避けられます。そして質問を行った時点で満足せずに回答が行われたらしっかりと話を聞くことが大切です。そして終わった後にお礼を述べましょう。

研修を受けている人と交流して間接的にアピール

会社で働くときには社員同士のやり取りも必要になるため、それができるかどうかも会社は重要視しています。休憩時間や研修終了後などに積極的に他の人に声をかけるべきです。相手も同じ研修を受けている立場で自分を邪険にしてくることはないので躊躇う必要はありません。研修どうですか、などを第一声に研修内容や覚える苦労などで話を膨らませます。話をすればこちらも相手も顔を覚えるので後日顔を合わせたときに初対面より親しい状態で話を始めることが可能です。
研修担当者が研修の後にすぐに退場することはないため、その光景は研修担当者の目に入ります。一方通行の会話でなく会話のキャッチボールになっていれば、コミュニケーションが取れると認識してもらえます。